スポンサーリンク

Android用スマートウォッチの定番はこれで文句なし!「Amazfit gts」実機レビュー!

スポンサーリンク
Xiaomi
スポンサーリンク

今回は、私がおススメするスマートウォッチ「Amazfit GTS」を紹介します

私自身、スマートウォッチを使うのはこちらの「Amazfit GTS」が人生で2台目のスマートウォッチ。

なんと、今回は私の大好きなXiaomiグループ、HuamiさんからAmazfit GTSをご提供頂きましたので、実際に使用したレビューを正直ベースでご紹介させていただきます。

冒頭ですが、はっきり言ってAndroid用スマートウォッチの中では間違いなく最強です。

皆さんにもぜひ知ってもらい、使ってもらいたいという思いから

この記事を書きます。

便利なスマートウォッチをお探しの方に、ご参考になれば幸いです。

また、IOSユーザーにはアップルウォッチが定番ですが、amzfit はAndroidユーザーに是非お手に取って使用していただきたい、定番スマートウォッチになりそうです。

 

スポンサーリンク

Amazfitとは

Amazfitには、Amazfit GTSとは別に様々なスマートウォッチが存在します。

私が人生で初めて使用したスマートウォッチはAmazfit Bipというもので、平気で30日以上は電池が持つモンスターウォッチでした。

※以下、様々なタイプのamzfit

 

実際にAmazfit Bipを使用したレビューは以下をあわせてご覧ください。

価格がリーズナブルでコンパクトなMi bandシリーズもおすすめです。

 

これらは、中国の有名メーカーであるXiaomi(シャオミ)が販売するスマートウォッチで、

コストパフォーマンスの高い、多機能の優れたスマートウォッチになります。

 

 

iPhoneにはApple watchがあるけどAndroidって何を使えばいいんだ?

そんな悩みにピッタリなのがHuamiのAmazfitシリーズ!

それにApple watchとは違ってかなり安価なのね!

試しにスマートウォッチを使用してみたい人、ハイスペックなスマートウォッチが欲しい人にもおススメだな。

開封レビュー

さっそく開封していきます!

え、ちょっとまって

ゴールドかなりかっこよくないですか

普段、ブラックなどの暗い色をチョイスする筆者ですが、今回はご提供ということもあり

いつもはチョイスしないカラーを選んでみましたが・・・

かなり👍

中身はかなりシンプルで無駄がありません。

必要最低限の同梱物とwatch本体になります。

ユーザーガイドはしっかりと日本語にも対応です。

グローバルモデルなだけあって安心感があります。

充電器は付属の専用のものを使用します。

マグネットでくっつくタイプです。

後ほどご紹介致しますが、アマゾンで最高な充電器を発見しましたのでそちらを追加購入するとさらに幸せになれますのでお勧めです。

本体はかなり高級感があります。

女性でも男性でもどちらでも使用できるユニセックスなデザインです。

サイズも大きすぎず小さすぎずと、日本人にはベストなサイズ感。

アマゾンで追加のベルトをお好みで購入するのも良いかもしれません。

 

UIは大きく見やすいです。

懐中電灯がついているのはびっくりしました(笑)

ただし画面が発光するだけですので過度な期待は禁物です(笑)

 

 

製品仕様

  • サイズ

    43.25 x 36.25 x 9.4mm

  • 重さ (バンドを含まない)

    約 24.8g

  • 本体素材

    航空機グレードアルミニウム合金、ポリマー素材

  • バンド素材

    シリコン

  • バンド長さ

    120 mm (長い部分), 87 mm (短いGPS部分)

  • バンド幅

    20mm

  • 防水

    5 ATM

  • ディスプレイ

    1.65インチ AMOLED、解像度 348 x 442、341ppi、100% NTSC

  • タッチスクリーン

    Corning社製 第三世代 Gorilla 強化ガラス & 指紋防止コーティング

  • GPS

    GPS + GLONASS

  • GPS連続稼働時間

    約 25時間

  • センサー

    BioTrackerTM PPG光学センサー
    加速度センサー
    ジャイロセンサー
    気圧センサー
    周囲光学センサー

  • Bluetooth

    Bluetooth 5.0 BLE

  • 電池

    220mAh リチウム電池リチウム電池

  • 充電時間

    約 2 時間

  • 充電方式

    マグネット式 / 2-pins POGO pin

  • 連続使用時間

    通常使用:最大約14日間
    心拍数モニターが24時間監視、睡眠モニタリング機能を搭載。メッセージ受信:150本/日、腕を上げて30回を表示、他の操作:5分間/日;週に三回、GPSを利用して30分のランニングの場合

    ロングライフモード: 最大約46日間
    Bluetooth、心拍数、その他の機能をオフし、1日腕を上げて100回を表示の場合。

  • 対応機種

    Android 5.0以降、またはiOS 10.0以降

  • 取得認証

    技術基準適合証明取得済

    →技適マーク取得済みです

  • 同梱物

    専用充電スタンド、取扱説明書、保証書

  • アプリ

    Amazfit専用アプリ (iOS、Androidとも日本語対応しております。)

Amazfit GTS おすすめ理由

①比較的安い

 

Amazfit GTSapple watchAndroid Wear
価格1.6~1.9万円弱3万~218万2万~5万

表にあるように価格の差がかなりあります。

Amazfit GTSは2万円払えばお釣りが来ます。

試しで買ってみてもいいと思える金額であることは間違いありません。

一方、Apple watchやAndroid Wearは新品で1万円を切る機種はありませんので手が届きにくいと言えます。

価格差があるにも関わらず、Amazfi GTSは他の高級スマートウォッチにも劣らない高級感、高性能を備えております。

 

②電池持ちが良い

Amazfi Bipは最長で45日間というモンスター級ですが、Amazfit GTSも最長で約14日間と負けておりません。

というかAmazfi Bipの電池持ちが異常なだけですね(;^ω^)

電池持ちが他のスマートウォッチと比べても、

かなり優秀でとにかく電池を気にしなくて済みます。

実際に日常的に使用してみましたが、充電の心配はほとんどありません。

機種Amazfit GTSapple watchAndroid Wear
バッテリー持続時間最高14日間約18時間1~3日間くらい
(機種による)

③有機ELディスプレイ搭載

また、ディスプレイは常時表示も可能である有機ELディスプレイを搭載。

常時点灯が可能で、画面をタップしなくても画面が常に表示させることが可能です。

常時点灯ができるかどうかは個人的にはかなり重要な部分ですが、最近のスマートフォンは当たり前のように搭載されていますね(^^)

ちなみにApple Watchは非対応で、Android wearは設定で常時点灯に変えられるものが多いです。

しかし、そのAndroid wearの常時点灯にも欠点はあります。

ほとんどが画面は白黒で、情報量が少なく、電池の持ちも悪くなり1日持たないです。

Amazfit GTSは常に同じ画面を表示でき、いつでも腕時計のように時刻を確認することができます。

 

また、文字盤もアプリを使用して自由に変更することができますので、オリジナリティも兼ね備えています。

④多機能

Amazfit GTSにはいろいろな通知機能も網羅されており、大体のアプリは通知を受け取れます。

また、脈拍も誤差のない安定した数値で測ることが可能で、かなり正確です。

実際に数えて比べてみましたがほぼ同数でした。

測定するときは安静時にリラックスした状態で測定しましょう。

改善希望点

実際に1か月ほど使用して、「ここは改善してほしい」という点がありましたのでご紹介いたします。

①アプリ通知

対応していないアプリの通知はこのように「アプリ」という表示と「APP」というアイコンになってしまい、何のアプリからの通知かわからない状態です。

 

これは実際は「ラクマ」からの「商品へのいいね」通知ですがラクマの表示は一切ありません。

この件は、Huamiの技術担当の方にもエスカレーションしており、改善策も検討して頂けるとのことでしたので今後のアップデートに期待したいと思います。

②絵文字表示不可?

LINEなどのメッセージアプリを通知として受け取る際に絵文字が「?」になったりします。

これはファームのアップデートでどうにかできるようですが、筆者は検証不足でいまだに文字化けしています。

正直、絵文字なんかどうでもいいですが少し気になりました。

課題はまだまだあるがファームウェアアップデートに期待だな

まとめ

・価格は一万円中盤で、コスパが良い

・電池持ちが良く、高精細AMOLEDディスプレイ搭載

多機能でオリジナリティ要素多数

・高級感があり、Androidスマートウォッチとしては最強

・Androidで使用するなら間違いなし

 

いくつか改善の余地はまだまだありますが、すべてにおいてバランスの取れたコストパフォーマンスに優れたスマートウォッチであるという事。

Applewatchにも勝らずも劣らずと、安心して長期間使用することができそうです。

街中に溢れているApplewatchは嫌だという方にも最適ですね。

 

おススメの購入場所&アクセサリー

おススメの購入場所は間違いなくアマゾンです。


 

充電器はこちらがおススメです。


 

 

タイトルとURLをコピーしました