スポンサーリンク

iPhone11みたいで高級感溢れるスマートフォンCUBOT「X20 Pro/X20/P30」がGearBestから発売

スポンサーリンク
Gearbest
スポンサーリンク

中国のスマートフォンメーカーである、CUBOTから新しいiPhone11似?の「X20 Pro」「X20」「P30」が発売されるようです。

CUBOT X20pro購入はこちら!

 

このスマートフォンは、AIトリプルカメラとプラチナバンド対応で100ドル台という、衝撃的な価格と高級スマートフォン並みの高スペックを備えた、高コスパスマートフォンになります。

低価格が魅力のスマートフォンを数多くリリースするCUBOTですが、まだ日本では認知度が低いかもしれません。

この記事でCUBOTというメーカーを知っていただければ幸いです。

今回のシリーズは「X」シリーズと言い、CUBOTではフラッグシップモデルに位置づけられる製品となっております。

※本記事で記載されているスペックや特徴などは、メーカーから直接頂いた内容を元に記事化していますが、仕様変更の可能性もゼロではありませんのであらかじめご了承下さい。

 

スポンサーリンク

スペックの違い

それぞれのスペックの違いを簡単に表にしてみました。

CUBOT X20 ProCUBOT X20CUBOT P30
Display6.3 inch 2340*1080P6.3 inch 2340*1080P6.3 inch 2340*1080P
CPUHelio P60Helio P23Helio P23
RAM + ROM6GB + 128GB4GB + 64GB4GB + 64GB
Rear Camera12MP + 20MP + 8MP12MP + 20MP + 8MP12MP + 20MP + 8MP
Front Camera13MP13MP13MP
OSAndroid 9.0Android 9.0Android 9.0
Battery4000mAh4000mAh4000mAh

 

表を見た限りだと、RAM/ROMの容量、CPUが大きな違いとなり、そのほかのスペックは大体同じように思えます。

とはいえ、写真を見る限りだと「P30」の背面には指紋認証らしきものがありますので「P30」は指紋認証を備えていそうです。

「X20」シリーズには指紋認証は搭載しておらず、顔認証になりますのでご注意ください。

ディスプレイ

ディスプレイには6.3型の小型ノッチ付きを採用しており、CUBOT X20/X20 Proは2340×1080のFHD+を採用しています。

小型ノッチと狭額設計により画面占有率は驚異の92.8%で、ディスプレイ側はほぼ全面ディスプレイといった印象です。

大容量バッテリー搭載

バッテリー搭載量は4000mAh。

現行のスマートフォンの中でもかなり大容量といえるバッテリー容量です。

これだけの容量があれば普通に丸一日はバッテリーが持ちそうです。

iPhone11よりもバッテリー容量は大きいです。

 

脅威のAIトリプルカメラ搭載

CUBOT X20/X20 Proの最大の特徴であるトリプルカメラには、1200万画素のメインカメラ、2000万画素の被写界深度カメラ、800万画素の125°超広角カメラを採用する、機能拡張型トリプルカメラとなっております。

メインカメラはSONY IMX 486、被写界深度カメラはSONY IMX 350という構成で、フロントカメラは1300万画素のシングルカメラを搭載。

こちらはSONY IMX 214センサーを採用しており、全体的に文句のつけようがありません。

この価格で本当に大丈夫なのかと心配になるほどカメラには力が入っているように思えます。

 

以下の写真はAI機能を使用した場合の比較画像になります。

X20シリーズで撮影したもので、違いをご覧ください。

全体的にAIを使用した画像はくっきりと明るく鮮明な画像になっていることがわかります。

今や、高価格帯の高級スマートフォンには当たり前のように搭載されているAI機能ですが、この価格で搭載されていることにびっくりです。

気になる価格は・・・・

X20Proは以下のように価格が発表されているようですが、他はまだのようです。

とはいえ、GeraBestさんからの情報では「競争力のある価格」と表現されていましたので、価格面でも期待したいと思います。

こちらの画像から価格はチェックしてみてください。
CUBOT X20pro

 

 

タイトルとURLをコピーしました