スポンサーリンク

Xiaomi「K20 pro」のグローバル版「mi 9t pro」レビュー

スポンサーリンク
Xiaomi
スポンサーリンク

購入してからは約1ヵ月。

発売が開始されてからは約3ヵ月程は経過しているのですが、今更ながら超高コスパスマートフォン「Xiaomi mi 9t pro」の実機レビューをします。

いつもは購入してからすぐにレビュー記事作成に取り掛かるのですが、こちらはじっくり使い込んでからのレビューになりますので信頼できるレビュー記事になるかと思います(笑)

とにかく安く、高スペックなハイエンドスマートフォンをゲットしたい方、サブ機種にもう一台安くて高スペックなスマートフォンを購入しようと考えている方にご参考になれば幸いです。

Xiaomi Mi 9T Pro 6/128GB 128GB ROM / 6GB RAM (Glacier blue/ブルー) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク

Xiaomi mi 9t proとは

Xiaomiの技術が盛沢山な、2019年の最高コスパスマートフォン。

発売前から世界中でかなりプロモーションをしていた機種で、Xiaomiの自信作とも言えます。

Snapdragon 855を搭載し、画面内指紋認証も搭載。

ポップアップカメラなどの最新のトレンドも取り入れた非常にバランスの取れたスマホでありながら、約400ドル以下で購入することが出来ます。

グローバル版での名称は「Mi 9t Pro」

中国版での名称は「K20 Pro」となります。

実際は同じ機種になりますが、グローバル版を購入することをお勧めいたします。

以下、スペック情報です。

製品情報
端末名Xiaomi Mi 9T Pro
(Redmi K20 Proのグローバルモデル)
型番/別名9T Pro
発売年2019年8月
発売地域海外:SIMフリー
メーカーXiaomi
言語日本語対応
Google Playストア対応
対応バンド・ネットワーク
2G2/3/5/8
3G1/2/5/8
4G1/3/5/7/8/20/38/40
ドコモ系SIM必須バンド非対応
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応
ソフトバンク・ワイモバイル系SIMフル対応
プラチナバンド8対応
au系SIM必須バンド対応/LTE 41非対応
プラチナバンド8対応
SIMサイズ・スロットNanoSIM×2
ネットワーク関連備考DSDV対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
本体仕様
ディスプレイ6.39インチ/Super AMOLED/画面占有率91.9%
Gorilla Glass 6
解像度2340×1080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度403ppi/高精細
サイズ高さ:156.7mm
横幅:74.3mm
厚さ:8.8mm
重さ約、191g
本体色Midnight Black、Sapphire Blue、Icelandic white
システム仕様
OSAndroid 9.0/MIUI 10
SoCSnapdragon 855
CPUKryo 485/2.84GHz/8コア
GPUAdreno 640
ベンチマークAnTuTu(2019年11月最新Ver):総合スコア約428000点、GPUスコア約170000点
メモリ/保存容量
メモリ・ストレージメモリ 6GB/8GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB
SDカード非対応
カメラ
メインカメラ48MP+13MP(超広角)+8MP(望遠)
3カメラ仕様[48MP]
SONY IMX586
PXサイズ0.8μm
1/2インチセンサー
FOV 79.4°
F値1.75
オートフォーカス
4 in 1(12MP、1.6μm)[13MP]
S5K3L6
PXサイズ1.12μm
1/3インチセンサー
FOV 124.8°超広角
F値2.4[8MP]
OV8856
PXサイズ
1.12μm
1/4インチセンサー
FOV 44.6°
2倍光学ズーム
前面カメラ20MP
1カメラ仕様
電動ポップアップ式
F値2.2
PXサイズ0.8μm
サファイアガラス
カメラ備考最大画素数/4K、最大FPS/60FPS
機能仕様・センサー
GPSGPS:L1 + L5 |ガリレオ:E1 + E5a | GLONASS:G1 |北斗:B1
A-GPS
センサー指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵非対応
イヤホンジャックあり
ネットワーク機能NFC(FeliCa非対応)
FMラジオ
その他機能アクティブノイズキャンセリングマイク
Bluetoothコーデック: AAC/LDAC/aptX/aptX-HD/aptX-adaptive
バッテリー
バッテリー容量4000mAh
充電有線充電:27W
ワイヤレス充電:非対応
ポートUSB Type-C

開封・外観

今回筆者は大手、中華系ガジェット製品通販サイトの『Banggood』でクーポンを使用し購入致しました。

絶対使用すべきお得な『Banggood』のクーポンは、随時ブログでも紹介しております。

是非、合わせてご覧ください。

 

まずは外観から。

海外からの発送ということもあり、箱は少し凹んで届きました。

海外からの個人輸入ではよくあることです・・・。

購入したのは「Mi pT Pro Glacier Blue」メモリは6GB、ストレージは128GBをチョイス。

冊子が2枚。

まぁ、見ませんよね。

おっと。Xiaomiは本気モードの自信作を出すときは上記のようなケースを付属させます。

やはり今回は付属されておりました。

マットなデザインの高級感あるデザインで、中々良いです。

 

こちらは日本では使用できない形状のアダプタですが、『Banggood』のご厚意で、変換アダプタが付属しておりました。大変助かります。。。

そしてお待ちかねの本体召喚!!

少しアップ。

写真だと伝わりにくいですが、実際はもっとグラデーションが綺麗です。

斜めでパシャリ。

側面からパシャリ。

ボタンは何もありません。

電源と音量調整ボタン。

ボトムにはType-Cの端子とSIMトレー、スピーカー。

残念ながら、ワイヤレス充電には対応しておりませんので注意。

上部にはイヤホンジャックとポップアップカメラがあります。

上手く撮れなくて申し訳ないのですが、ニョキっとこんな感じでポップアップしてきます。

光りながらポップアップしてきたり、マナーモードでなければ音と共にポップアップしてきますのでなんだか何回もポップアップさせたくなります。

 

カメラをHuawei「P30Pro」と比較

まずは「mi 9t pro」でズーム。

若干の粗さがあるものの綺麗に撮れています。

こちらは「P30Pro」

さすがと言いますが、少し暗い部屋で撮影したのですが、明るく綺麗に撮れています。

とはいえ、そこまでの差は無いように思えます。

 

また、このようにチルトシフト機能により円形の範囲以外をぼかすことも可能です。

平行に上下をぼかすことも可能。

 

虹も綺麗に撮影することができました!

 

ベンチマークテストをHuawei「P30Pro」と比較

まずはP30Proから。

ベンチマークテストのアプリのバージョンが上がってから数字の感覚がよくわからなくなりましたが385500と表示されています。

 

 

続いてmi 9t proですが、ご覧の通りP30Proよりも高い数値を示しております。

本体の価格差は約2倍あるのに凄いパフォーマンスです。

 

気になるAlways on display

筆者はスマートフォンの機能の中で、Always on displayが好きな機能の一つであり、スマホを買い替える度に気にしているポイントでもあります。

今回はXiaomiのAlways on displayに関しまして、少しご紹介致しましょう。

因みに筆者のmi9tproはまだMIUI10.3.2です、最新のMIUI11にアップデート前になります。(というかアップデート降ってこない・・・。)

 

種類は豊富でいろいろなバリエーションがあります。

Galaxyみたいに好きなGIFを設定できればいいなぁと思います。

アップデートによって、できるようになっているのかは検証不足です。。。。。

時計は見れるみたいですがこちらのOSバージョンでは、各アプリのアイコン付きの通知はAlways on displayには表示されません。

MIUI 11はMi Note 10のレビューの際に記載させていただきますのでぜひご覧ください。

まとめ&mi9tpro お勧め購入方法

購入先のお勧めは次の4つになります。

  1. イートレン
  2. Banggood
  3. GearBest
  4. Amazon

この中で、個人的に最も購入しやすいのはイートレンです。

おすすめ理由としては、発送が早い、価格が比較的安い、返品時は日本国内でやり取りが可能という点です。

 

Xiaomiのスマートフォンは高コスパで驚きました。

今後、Huaweiに対してアメリカの圧力が続くようでしたら、次に取って代わるのは間違いなくXiaomiになることでしょう。

来年には日本に進出が決まっているXiaomiですが今後に期待が募ります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました